ストローク不足はかまってチャン?

美容をお題とした川柳コンテストを開催します > 心理学 > ストローク不足はかまってチャン?

ストローク不足はかまってチャン?

 

 

ストローク、

という言葉を聞いたことはあるでしょうか。

 

ギターで音を鳴らすのもストロークといいますが、

ここでは、心理学の「ストローク」の意味をとりたいと思います。

 

ストロークとは、相手に対してかける言葉の一種で、相手の存在価値を表現するような、さまざまな働きかけのことを言います。

 

 

ストロークには、大きく分けて、

肯定的ストロークと

否定的ストロークとがあります。

 

肯定的ストロークには、

微笑みかける、

感情の言葉を伝える、

さえぎらずにじっくり話を聞いてあげる、

ほめる、

抱きしめる、

信頼して任せる

 

などがあります。

 

 

 

逆に、

 

否定的ストロークには

怒鳴る、

あざ笑う、

非難する、

にらみつける、

罰を与えるなどがあります。

 

肯定的ストロークは、相手の生きる意欲を引き出します。

 

親にあまり干渉されてこなかったり愛情不足を感じて育った子供は、あえて叱られるような問題を起こして、否定的ストロークでもいいからもらおうとします。

 

 

ストロークについての詳しい内容は

 

NLPという心理学で学ぶことができます。

 

ですがNLPを普通に学ぶと高額な料金がかかってきます。

 

そこで、お勧めの安いNLPスクールはこちらです!

人間はストロークがないと生きてはいけない、或いは生きる気力が保てない生き物です。 ノーストロークはもっとも人間が恐れている状況といえます。